専任講師であることのメリット

距離が近くなって頑張る気持ちが生まれる

個別指導塾では交代制で色々な講師から指導を受けられるところと、専任講師が決まっていて毎回同じ講師の授業を受けられるところがあります。専任講師の決まっている個別指導塾を選ぶメリットは、まず講師と生徒の距離が近くなることです。毎回違う講師から指導されているとあまり親近感が湧いてこないことが多いですが、専任講師が決まっていると、この先生の授業を受けに行こうという気持ちで生徒が塾に通えるようになります。そのため、講師に親しい気持ちを持つようになり、一緒に頑張っていこうという考えが生まれてくるでしょう。生徒の勉強に対する意欲を掻き立てるのに適しているのが、専任講師がいる個別指導塾を選ぶメリットなのです。

理解度をよくわかってくれている

個別指導塾では生徒の個々の学力や理解度をきちんと見てくれて、それに合わせた指導を受けられるのがメリットとして知られています。そのメリットを最大限に活かせるのも専任講師がいる個別指導塾の魅力です。同じ講師が毎回同じ生徒を担当し、他の講師がその生徒に指導をすることはありません。そのため、講師が何をどのようにして教えたかを全て把握していて、それによってどのくらい理解が進んでいるかがわかっています。結果としてどういう指導をすれば理解度が高まりやすいか、今までの経緯から判断してどんな方向性で指導をしていくべきかを考えやすいのです。それによって指導の工夫をしてくれると生徒もわかりやすく、ますます親しみを持ってくれるようになります。

夏休みは受験の天王山と呼ばれます。この重要な時期に欠かせないのが夏期講習です。例年様々な塾、予備校等で開催され、学生の学力向上が図られています。